胡蝶蘭に付く害虫

ハダニ胡蝶蘭に付く虫は、胡蝶蘭を食べてしまう害虫と、無害な虫がいます。まず害虫として主な種類は、ハダニ、コナダニ、カイガラムシ、コナイガラムシ、スリップス、ナメクジです。この中でも特に、ハダニやカイガラムシが発生しやすく、もしも胡蝶蘭に付いているのを見つけたら、すぐ対処しましょう。逆に無害な虫は、コバエです。水苔を使って栽培することの多い胡蝶蘭は、水が好きなコバエを呼び寄せることもあります。ただしコバエは、つぼみを食べることがあり、また根が腐っていると発生することもあるので、つぼみと根を確かめてみると良いでしょう。さらには、テントウムシは益虫となっており、胡蝶蘭に発生する害虫を食べて駆除してくれます。あまりテントウムシが多すぎるのも良くないので、数が多いときは除去します。

害虫を発見したら、基本は取り除く、そして薬剤を使用して対処することになります。ただし薬剤を使用するときは、ハダニは耐性を持ちやすいので、ハダニに対する薬剤は、違う種類の薬をローテーションさせて使う方が良いでしょう。同じ薬ばかり使うと、そのうち効かなくなります。薬剤の種類によっては、胡蝶蘭にとっても強すぎる種類もあり、使うと枯れさせてしまうこともあります。使ってはいけないとされる代表的な薬剤があるので、使用するときは、説明書きを良く読んでおきましょう。害虫の種類によっては、薬剤よりも、葉水で対処する方が良い場合もあるのです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket